◆人文社會科學系教育學部門朝岡寛史講師らの論文が「Developmental Neurorehabilitation」に掲載されました

2021年8月31日

 人文社會科學系教育學部門の朝岡寛史講師らの研究グループが、発達障害のひとつである自閉スペクトラム癥(Autism Spectrum Disorder; 以下, ASD)児における直示動詞「行く/來る」の適切な使用を促す條件の一端を同定し、その研究成果がTaylor & Francis社オンライン雑誌「Developmental Neurorehabilitation」に掲載されました。

 今回の研究により、ASD児に直示動詞の適切な使用を促進させるには、質問者が質問に応じた位置関係に並び動きを注視させ、質問者の動きに同期(シンクロ)させることが有効であると考えられ、今後、ASD児のトレーニングへの活用が期待されます。


<論文名>Improving the Use of Deictic Verbs in Children with Autism Spectrum Disorder

<和 訳>自閉スペクトラム癥児における直示動詞使用の改善

<著 者>朝岡寛史?馬場千歳?藤本夏美?小林千紗?野呂文行 

 

 詳細はこちらをご覧ください。

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている內容について、不明點や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所

沙丘电影完整版免费观看-沙丘在线观看完整免费2021